Back-home
インストールを成功させるためのヒント
Top view / Search view / Administer

PGP ユーティリティ(補足) 2003/11/30 (Sun)

フリーソフトGnuPG (03/11/30 MS-Windows版 最新バイナリ gnupg-w32cli-1.2.3.zip) の使用法について(補足)

インストールについて PGP ユーティリティを使って署名を確認するために をご覧下さい。

Becky! Internet Mail のバージョン2ではプラグイン機能があります。
Yasuhiro ARAKAWAさんのフリーソフトウェア BkGnuPG をインストール(2つのファイル BKGnuPG.dllとBKGNU.ini を指定プラグインフォルダにコピー)します。インストール、設定については GNU Privacy Guard Plug-in for Becky! 2 をご覧下さい。

正しくインストールすれば、PGP/MIME メール利用可能となります。

(注) 電子証明書(デジタルID)によるS/MIMEメールは、PGPないしGnuPG暗号化とは全く異なる方法です。
Becky用 S/MIMEプラグインとして、Becky! S/MIME Plug-inのページ をご覧下さい。

以下、GnuPGバイナリファイルの展開先を、C:¥gnupgとして説明いたします。

キーを作り直す(公開前)

GPG キーが未公開のものであれば、以下のファイルを削除するだけです。

    pubring.bak
    pubring.gpg
    random_seed
    secring.gpg
    trustdb.gpg


    C:¥gnupg> gpg --gen-key [Enterキー]

によって新規作成します。

キーの破棄(公開キーサーバの公開キーを破棄する)

キーサーバの公開キーなどを使用停止とする場合、破棄キー(証明書)を作成してサーバにアップロードする必要があります。

1) 氏名 Taro ABC
2) コメント test
3) メールアドレス info@example.com

user_id は 1),2),3)の中の単語を使用します。
コマンドを入力し、破棄キーをrevcert.ascとしてASCII出力する手順です。

    C:¥gnupg>gpg -o revcert.asc --gen-revoke user_id [Enterキー]

    sec **/**** 2003-11-28 Taro ABC (test)

    Create a revocation cerficate for this key? yes [Enterキー]
    Please select the reason for the revocation:
     0 = No reason specified
     1 = Key has been compromised
     2 = Key is superseded
     3 = Key is no longer used
     Q = Cancel
    (Probably you want to select 1 here)
    Your decision? 1 [Enterキー]
    Enter an optional description; end it with an empty line:
    >
    Reason for revocation: Key has been compromised
    (No desription given)
    Is this okay? yes [Enterキー] 必ず yes として下さい。

    You need a passphrase to unlock the secret key for
    user: " Taro ABC (test) "
    1024-bit DSA key, ID ******, created 2003-11-28

    Enter passphrase: ******* [Enterキー]

    ASCII armored output forced.
    Revocation certificate created. ⇒ gpg.exe と同じディレクトリに破棄キーが作成されます。

    Please move it to a medium ・・・・・

    C:¥gnupg> exit [Enterキー]

Windows Me の場合

autoexec.batをテキストエディタで開いて (C:\AUTOEXEC.BAT )、PATH にPGP.EXEのフォルダへのPATHを追加してWindowsを再起動します。メールソフトのプラグインなどを利用するとき、必要です。

<autoexec.bat>

    SET windir=C:¥WINDOWS
    SET winbootdir=C:¥WINDOWS
    SET COMSPEC=C:¥WINDOWS¥COMMAND.COM
    SET PATH=C:¥WINDOWS¥COMMAND;C:¥GNUPG
    SET PROMPT=$p$g
    SET TEMP=C:¥WINDOWS¥TEMP
    SET TMP=C:¥WINDOWS¥TEMP

gpg.exeをデフォルトフォルダ以外にインストールしたとき

キーペア (pubring.gpgなど) のフォルダがデフォルト(C:¥GNUPG) であれば、キーペアのフォルダを指定する必要はありませんが、別フォルダにインストールしたとき(例 C:¥SECOND¥GPG.EXE に対する キーペアのフォルダは C:¥SECOND¥KEY とします)、

    C:¥SECOND> GPG.EXE --homedir ./KEY/

の指定をします。もし、オプションを省略すると、デフォルトフォルダのキーを読み込みます。また、デフォルトフォルダ以外にインストールすると、メールソフトのプラグインによるGnuPG起動に失敗するようです。



Next(+0) / Back(-0) / Search view / Log view / Administer

- Harpist note ver1.02 -