« PHP-Nukeのバージョンアップ手順 | メイン | HTTP_REFERER を吐かない(サーバに送らない)方法 »

2004年01月22日

PostgreSQL 7.3 のオプション指定とセキュリティについて

[作成日 2003-04-16 20:41:37]

PostgreSQLのセキュリティ対策:postgresql.conf, pg_hba.confの編集とSQL文"REVOKE"の活用 ⇒ こちら です。
たとえば、pg_hba.conf のレコード
# host all 0.0.0.0 0.0.0.0 trust ← コメント# は絶対に削除しないで下さい。
オプション指定
備忘録 の一部を変更しました。
# ./configure --prefix=/usr/local/pgsql --enable-multibyte=EUC_JP --enable-syslog
postgresql 7.3 では --enable-multibyte , --enable-syslog は不要となりました(標準)。
ただし、データベースの初期化(データベースクラスタの作成)では、
% initdb
% initdb --encoding=EUC_JP --no-locale
となります。

投稿者 support : 2004年01月22日 15:56

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



  Modified by Toshiaki YAMAMURA      Powered by Movable Type 3.11-ja

 ■ハンドル名とメールアドレスを入力すると、自由にコメント投稿できます。但し、15歳未満のお子供は必ず保護者の指導・監督下で行って下さい。 ■本ウエブログでは、サイト管理・運営者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは、直ちに削除いたします。