« 2005年07月 | メイン

2005年08月16日

CNAMEs are prohibited in MX records

DNSサーバ BIND9 のCNAME, MXの正しい利用法については、
  @IT:メール/Webサーバを効率的に動かすゾーン設定(1/2)
  http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind903/bind903a.html
  http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind903/bind903b.html
の解説がとてもわかりやすいので、内容一部を引用します。
CNAME (Canonical Name) はホスト名に別名を付けるレコードで、ホスト情報を効率的に管理するために利用されることがありますが、資源レコードには使用できません。
■ Aレコードに別名ホスト名を指定したゾーンファイルは、BIND 9.2.1ではエラーとなります。
■ 他に、SOA, MX, NS, PTR, TXTなどの(CNAME以外の)資源レコードには別名ホストを指定しない ことが推奨されています。
設定ミスの有無を実際に確認するために、
DNS チェックサイト
    http://www.dnsreport.com/

などを利用します。
もし、MXレコードにCNAMEによる別名ホストを指定した場合、Info「fail」となります。

WARNING: One or more of your MX records points to a CNAME. CNAMEs are prohibited in MX records, according to RFC974, RFC1034 3.6.2, RFC1912 2.4, and RFC2181 10.3. The problem MX record(s) are: (例) メールサーバ(正規ホスト)名 -> 別名ホスト名 -> IPアドレス

ゾーンファイルに無駄な参照が発生し、DNSのキャッシュ機能のためにメールサーバにIPアドレスが正しく反映しないことがあるそうです。

投稿者 support : 12:58 | コメント (0) | トラックバック



 Modified by Toshiaki YAMAMURA    Powered by Movable Type
 ■シックス・アパート株式会社より「個人用ライセンス」を取得し、Movable Type にて情報提供中です. ■ハンドル名とメールアドレスを入力すると、自由にコメント投稿できます. 但し、15歳未満のお子供は必ず保護者の指導・監督下で行って下さい. ■本ウエブログでは、サイト管理・運営者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは、直ちに削除いたします.