« ポートスキャンで開始されるサーバー攻撃を予防するために | メイン | クロスサイトスクリプティング( XSS, CSS)の深刻な問題 »

2004年01月22日

カーネル再構築

[作成日 2003-03-07 11:30:09]

FreeBSD 5.0では、カーネルは /boot/kernel、バックアップは /boot/kernel.old となります。boot 関連のファイル、boot loader(8)、設定ファイルも /boot に保存されます。カスタムされたモジュールは /boot/modules に移動することがありますので、カーネルと同期していないと、不安定になります。 初心者が FreeBSD 5.0 のカーネルを運用するには、5-STABLE 開発ブランチが作成された後が無難です ので、たとえば、5.1-RELEASE ないし 5.2-RELEASE の公開頃に OSインストールをおすすめいたします。
FreeBSD 4.X 3.X 2.X の方は こちら です。

投稿者 support : 2004年01月22日 15:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
trackbacklink 13

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?




 Modified by Toshiaki YAMAMURA    Powered by Movable Type
 ■シックス・アパート株式会社より「個人用ライセンス」を取得し、Movable Type にて情報提供中です. ■ハンドル名とメールアドレスを入力すると、自由にコメント投稿できます. 但し、15歳未満のお子供は必ず保護者の指導・監督下で行って下さい. ■本ウエブログでは、サイト管理・運営者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは、直ちに削除いたします.